バリアをバラエティーに。

バリバラと言うNHKの番組に

先日、私の大好きな乙武洋匡さん

が出演してたので見てみました。

番組のタイトルは

「目を覚ませ!乙武さん!」

 

番組の内容は今までの乙武さんの

イメージ(清らか、誠実)を

変えることや

乙武さん自身が健常者と共に

生きて来たために

障害者とは隔たりがあったことから

これからの乙武さんは障害者と

して不便さを訴えつつ

乙武さんのカラーも出していく。

と言う内容でした。

 

見ていてすごく思ったことは

乙武さんにはバリアが無い。

乙武さん自身も乙武さんの

周囲の人達も

乙武さんが障害者であると言う

ことは関係なく

人間「乙武洋匡」として関わりが

あったこと。

乙武さんの人生には

「障害者」「健常者」と言う

隔たりがすでに無かったこと。

私は強く、これを感じ取りました。

 

番組内で、何度も繰り返されていた

言葉にはすでに

「障害者」「健常者」と言う言葉。

~だから。と言うこと。

「障害者」だから出来ない。や

「障害者」だから⭕⭕は無理。

それがバリア、またはレッテルじゃ無いかな?

って思いました。

 

乙武さんにはそれが元々無い。

「障害者」だから。って言う

レッテルをご自身に貼って無い。

 

だから誰とでも

(障害、健常関係なく)

仲良くなれるし、障害者扱い

されなかったんだと

思いました。

バリバラと言う番組は

そもそもバリアを取っ払い

バラエティーにしてしまいたい

番組や無かったん?って

めっちゃ思いました‼

 

「障害者だから」は、隔たりを

作る。それがバリア。

バリアがあると人は近付けない。

だけど、それをバラエティーに

してしまえば

人は自然に近付くんじゃ無いかな?

 

バラエティーの意味を調べると

「多様性、変異、変化、寄せ集め」

と、書いてありました。

「障害」も「健常」も別けなくて

良いのがバラエティーだと

思います。