手塚治虫を語らせて。


f:id:neko222mike333:20170719204918j:image



神戸ゆかりの美術館で開催中の

手塚治虫原画展に行って来た。

(以下手塚氏)

手塚氏の原画展には何度か

訪れたんですが、なんて言うか

観る度に新しい。と言うか。

手塚氏は、亡くなってるから

もう新しい作品は作れないのだけど

毎回、圧倒され、手塚作品に

魅了されまくってます。

まだまだ足りない!!

もっともっと絵も上達したいし

良い作品をこの世に送り出したい!!

と言う情熱と意欲、手塚氏の

鼓動すら感じ取りました。

 

今回の原画展では

手塚氏のお母様についても

紹介されていました。

手塚氏が医師を目指して居た頃

漫画家になるか、医者になるか

どちらかを悩んでいた時に

手塚氏のお母様は

「好きな方へ行きなさい。」と

おっしゃったようです。

後々もこのお母様の言葉が

手塚氏の人生を大きく支えた

言葉になかったとか。

私も、手塚氏のお母様を

見習いたいと思いました。

長きに渡り、愛される手塚作品は

親子の関係も深いかも知れません。

手塚治虫原画展

8月30日頃まで開催中です。

手塚作品にぜひ一度、ふれてみて下さい❤
f:id:neko222mike333:20170719204827j:image
f:id:neko222mike333:20170719204838j:image
f:id:neko222mike333:20170719204850j:image
f:id:neko222mike333:20170719204900j:image



 

 

多動性の人は動けば良い。

長男が自閉症で、多動性(ADHD 。知的障害を

含む)なんですが

多く動く。ってことは

それだけ動きたいからであって

決してじっとなんかしてられない

から「多動」と言うのではない

でしょうか?

長男が歩き初めてから

12、3歳位までは、それはそれは

もうーっっ!!!!

関西弁で言うと

「じっとしてへんかった!!」です!!

でもそれをねー。

専門家や、学校の先生は

じっとしてることの大切さを言うです。

これが覚えられなかったら

将来困る。って。

 

私は、本人が動きたいだけ

動けば良い。って思ってたので

じっとしてることは

教えませんでした。

躾をちゃんとしない親。とか

批判は多く浴びますが

現在、大人になった長男は

ほとんど多動的な症状は

ありません。

薬も飲んでません。

(長男には必要ない。必要な方も

いらっしゃいます。)

発達障害の症状を軽減するのは

(辛さを)

良いと思うけれど

健常者の世界に合わせて

長男を変えるやり方は

私は好きではありません。

(約束ごとを守らせる。とか)

それよりも多動性なら多動性の

ままの長男が好きなのです。

 

自閉症の長男と共に。

何かと話題の自閉症。私は

自閉症の長男と共に日々

暮らしてます。

共に暮らしてて思うのが

メディアで伝えられている

自閉症と、彼は異なること。

コミュニケーションがとれない

だとか、目が合わせられないだとか。

社会的に…うんぬん。とか。

彼には一切関係ない。

 

自閉症の世界は面白い。

長男が持っている世界と

他の自閉症者の持ってる世界は違う。

 

感じ方や味覚の違い。

聞いてるだけで本当に楽しいし

もっと聞きたい。って思う。

 

自閉症者が問題にされがち

なのは

周りに合わせて空気読め!!

とか言っちゃうせいだと

思ってる。

 

健常者、定型発達の人達は

空気読まなきゃいけないから

辛いだけ。

 

自閉症者だけ空気読まないで

好き勝手やるなんて

ズルい!!

そんな声を出してないだけ

なんだと思う。

 

自閉って普通。

自閉で普通。

普通の自閉が当たり前に

毎日をマイペースで

生きている。

ただそれだけなんです。
f:id:neko222mike333:20170522144903j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親は自分は好きなことをしてるだけで良い

昨日は、よっぴーさんこと

吉田晃子さんと中島芭旺さんの

お母さま、岩切弥生さんの

トークライブに参加しました。

お二人共、とってもおしゃれ✨

弥生さんは、芭旺さんと

横顔が似てました🎵

 

お二人に様々な質問が

投げ掛けられていましたが

お二人はたった一言

「親は好きなことをしていれば良い。」

でした。

 

子供が幼稚園や学校に行きたがらなくて

休ませて良いのかどうか

悩んでいる方が多く居たのですが

人に聞いてる時点で

答えがもう出てる状態だなあ。と

思いました。

 

休ませて良いか?という悩みは

休ませたほうが良い。と

自分で答えを出している状態。

 

それが出来ないのは

先生の意見や周囲の人が

何か言うかも知れない。という

恐怖感から。

 

何を言われても自分は(家は)

こうする!!と

腹をくくること。

 

何か言う人はある意味

羨ましがってる所があるから。

 

 

 

休むなんて良いなあ~。

って

 

思ってる。

けど、それは口に出さずに

「このままで良いんですか?」

「このままでは将来どうにか

なっちゃいますよ」

なんてわかりもしない未来のことを

言ってるだけ。

 

何か言う人は

ほっておいて自分を満たす!!

これが一番!!

我が家も私が満たされることで

変わったことを紹介します。

 

私は以前、夫婦仲で

かなり悩んでました。

夫の母親の持ち家に住んで

居たために

夫は常に母親に気を使ってました。

なにかある度に

「おかんがどう言うかわからへん。」

と、自分はどう思うかは

言ってくれなかったんです。

 

夫の母親の持ち家に

住むのに限界を感じて

去年10月に引っ越しました。

新居に引っ越せて夫は変わりました。

なによりも

「俺はこうする」が産まれて

きました。

で、私はというと相変わらず

好きなことばかりしてて

このトークライブ参加するのに

東京見物したいってのがあって

一泊して家に帰ったら

台所のフローリングが

ピッカピッカ!!!✨

「俺、床拭いてん。」

と、自慢気に主張した夫。

 

前に住んでた家では

あり得ない光景!

あれほど夫婦仲のことで

悩んでたのに

私は遊んでるだけで

夫は変わったんです。

 

親が。って言うか自分が

好きなことしてるって

大切だなあ。って思いました。
f:id:neko222mike333:20170514174137j:image

誰も排除や否定の無い世界へ。

今日は、いばや通信でお馴染みの

坂爪圭吾さんのトークショー

参加しました。会場は超満員!!

 

坂爪さんのイベントには

何度か参加させて頂きましたが

ピン!と背筋を伸ばし

真っ直ぐな眼差しで参加者の

質問に丁寧に答える姿に

とても魅力を感じています。

 

小さな子供も何人か来ていて

寝ている子供やスマホ

ゲームしている子供など

自由に過ごしていたり。

 

話しをしながら涙する人も居て

私は人ってどんな風に

過ごしていても良いんだなあ。って

思ってとても暖かな気持ちに

なりました。

参加者全員に可愛いお花も

配られていました。

 

誰も排除されることなく

否定されることもない世界。

 

社会や世間が受け入れて

くれなくても

まずは自分から(私)

そんな世界を作って行きたいと

思いました。
f:id:neko222mike333:20170511204324j:image

 

 

 

 

家族研究(私的主観的)no. 2

~結婚は誰かの犠牲で成り立つのか?~

結婚して家族ができ、家族になる。

嫁になり、夫になる人と共に暮らす。

子供がいれば親子として共に暮らす。

 

私は、ただ夫と一緒に居たい

だけで

嫁、姑の確執とか

財産や持ち家のあるなし

とか

子供が居るとか居ないとか

なんだとかかんだとか全て

いらない。って思ってます。

 

でも姑はそうもいかなかった。

私がいらない。って思ってたこと

全て必要とする人で

それを私に求めてきました。

 

私は湯谷家には合わない。

嫁として、あれもこれも

できて無い。

合わないあんたが

何故ここに居る?

 

ずっとこんな風に姑から

言われてるんですけど

私は、家柄に合う人だから

結婚するのかな?

嫁として色々できてないと

結婚しちゃいけないのかな?

って思います。

 

ドラマや、吉本新喜劇

見ていても

嫁は姑に従い敬うべき。な

表現をしてる。

 

なんで一方的なんやろ?って

いつも思う。で必ず秘め事を

作り、嘘を付き合う場面も多く

画かれる。

 

現実もしかり。

姑も秘め事や罪つくり、嘘をつくり

上げることを私にすすめてきた。

 

次男を妊娠した時、姑は

子供は1人にして

今、妊娠してる子供は中絶しなさい。

これはあなただけの罪にしなさい。

誰にも言わなければわからない。

罪の1つ位持ちなさい。

 

姑がどんな気持ちで

これを言ったかはわからない。

わざわざ罪を作り上げる必要を

私は感じない。

 

姑の言うことを何でも聞く

嫁にはならなくて良い。って

思いました。

 

この人の言うことを聞いて

湯谷家にふさわしい良い嫁

やっていたら

恐らく私は死んでいたと思います。

(生きてても死んでるのと同じ位)

 

なので、もしも姑さんの

言うことを聞いて

嫌な思いをしている人が

居たら

聞かなくて全然大丈夫です!

自分はどうしたいかだけ

自分に聞いて下さい!!

 

結婚って家族になるって素敵な

ことなのに

家族になったからって

誰かの指示に従ったり

しなくても良い。

もっと緩やかで暖かで

親だから。嫁だから。

長男だから。長女だから。

そんなのいらない!!

やっぱりいらない!!

全然いらない!!です!!

結婚のありかた、家族のありかたは

誰かの犠牲で成り立つものでは

無いと思います。

 

家に居る子供のお昼ご飯。

学校に行ってない子供のお昼ご飯が

大変!!って言う話を良く聞くので

我が家ではどうしてるか?

を書きます。

家は3人共、家に居るので毎日

お弁当を作っています。

「お弁当?キャー!毎日お弁当

なんて大変!!」

とか良く言われたりもしますが

夫が毎日会社にお弁当持っていく

ので、作ったのが余らなくて

良いし、私も昼に食べれるので

とっても便利です🎵

お弁当の食材は、こったもので

無くて、冷蔵庫にあるものとか

前の日の夕食で残ったものとか。

おにぎりもシンプルに塩とゴマ

だけ。野菜炒めて醤油かけただけ。

冷凍食品をチン!しただけ。とかを

お弁当に入れてます。

もちろん、作りたくない時もあります。

そんな時はカップ麺とかお惣菜とか

コンビニ弁当にしてます。

子供によったら食べない子供も

居ると思うんですけど

生きていたら大丈夫です!!

 

我が家の場合、長男、次男

もう大人だから、いつかお弁当を

作らなくても良い時が来ると思う

ので(三男も同じく)

その時が来たらきっと寂しいん

だろうな。って思うんです。

 

毎日、お弁当作ったけ。なんて

思う日がね。

 

だから、その日、その時が

来るまで私は

3人の息子にお弁当を作り

続けたいと思います。

 

子供と相談して、どうするか?

決めるのも良いかと思います。

 

最後に…

なんでやねーん!!

(意味は無しw)
f:id:neko222mike333:20170420165544j:image